憧れのネイルの資格を取って夢を叶えよう!

作業員
  1. ホーム
  2. 仕入れのプロ

仕入れのプロ

ヘルメット

多くのノウハウを

自分のセンスで洋服を仕入れて、販売する商品を選ぶ職種を「バイヤー」と呼びます。この仕事に就くには、特定の専門学校を卒業していなくても良い職種です。ただ、多くのバイヤーはファッション専門学校で洋服の事、流通や仕入れの事、ショップマネージメントを学んでいた人が多いです。自分のセンスをいかして洋服を仕入れて販売するだけがバイヤーの仕事ではありません。この仕事に就きたいのなら、ファッション専門学校で勉強しておくと良いでしょう。一般的には「流通ファッション科」や「ファッションビジネス科」と言われるコースになります。バイヤー希望の人と、店舗運営希望の人が1年次は同じ勉強をして、2年次にそれぞれ専攻によって分かれている傾向にあります。

基礎と専門性

洋服を扱うバイヤーなので、まずは商品知識について知っておかなければなりません。素材の特性、商品にふさわしい素材の選び方を学ぶ必要があります。ファッション専門学校では、バイヤー志望でも実際にシャツやパンツを製作する事が多いです。実際に作るからこそ洋服の造りがわかるし、どんな素材がよいか分かるからです。他には商品管理、売場管理、販売戦略の立て方を学びます。仕入れた原価や販売して利益を出すまで、実践的な勉強をしていきます。また、バイヤーは各地に行って良い商品を買い付けるので、ファッションビジネスに必要な外国語の勉強も行われます。このようにバイヤーを目指すなら、洋服のセンスはもちろん、販売して利益を出すことまでを学ぶ必要があるのです。